AGA治療

薄毛治療の主流はAGA治療

今現在薄毛は病院でAGA治療するのが主流です。昔は育毛剤や、育毛サロンなどの民間療法が主流でしたが、薄毛治療薬のプロペシアが国内承認されて以降、病院での薄毛治療は爆発的に普及してきました。

薄毛に悩んだら、病院へ行く

これが当たり前の選択の世の中になってきたのです。AGA治療とはどんな治療なのでしょうか?

AGA(男性型脱毛症)とは?

成人男性の薄毛のほとんどがAGA(男性型脱毛症)が原因の薄毛と言われています。AGAの原因は男性ホルモンです。脱毛促進する男性ホルモンが活発に働くことによって、抜け毛が促進され薄毛になります。男性ホルモンの働きが活発な10代後半から40代前半くらいまでが影響を受けやすいと言われています。ちょうど若ハゲと言われる時期です。

AGAかどうかは、遺伝や体質によるところが大きいので、自分自身で食生活の改善や体質改善などを行っても、脱毛は進行してしまいます。ただ、薄毛のすべてがAGA要因というわけではないので、食生活や生活習慣などの要因が高かった人はそうした努力が薄毛改善につながる場合もあります。逆にAGA要因が強い薄毛の場合は、病院での治療以外に止める手だてがないのが現状です。

つまり、治療しなければ脱毛し続け、薄毛が進行してしまうということです。

AGA治療の内容

AGA治療の内容は、男性ホルモンの働きを抑制する薬を服用する治療です。これがプロペシア。プロペシアには脱毛を促進する男性ホルモンの働きを抑制する働きがあります。軽度の薄毛の人は脱毛がストップするだけで、自然と髪が生えてきたりするなど薄毛が改善する可能性があります。

ある程度薄毛が進行している人は、プロペシアだけでは発毛効果が弱いので、ミノキシジルという発毛効果の高い薬や、育毛メソセラピーという頭皮へ育毛成分を注入して発毛効果を促進する治療などを併用します。

プロペシアは一般病院でも処方している病院が増えましたが、ミノキシジルやメソセラピーなどの治療を併用するとなると、AGA専門治療を行っている病院を選択する必要があります。

プロペシア(フィナステリド)の処方

薄毛治療薬として国内承認されている薬です。成分名をフィナステリドと言い、薬の名称をプロペシアと言います。プロペシアが正規品で、その他ファイザー社などからジェネリック版が多数発売されています。フィナステリドでAGAの原因である男性ホルモンの働きを抑制します。AGA治療の基本となる薬ですね。

ミノキシジル内服薬とミノキシジル外用薬

ミノキシジルはもともと高血圧の薬です。副作用で全身の多毛が認められたため、薄毛治療にも利用されるようになりました。高血圧の薬だったときはもともと経口薬です。その経口薬をもとに頭髪治療専用にしたのがミノキシジル外用薬です。頭皮に直接塗って使用します。病院でも処方してもらえますが、薬局等で購入できるリアップでもお馴染みですね。

ミノキシジル内服は病院で処方してもらうか、海外から個人輸入する以外に入手方法はありません。非常に高い発毛効果があるので多くのAGA専門病院で利用されていますが、服用方法をしっかり管理するなどしないと重篤な副作用の心配もある薬です。薄毛治療の薬としては国内未承認薬です。

AGA治療の推奨度を決める日本皮膚科学会の男性型脱毛症診療ガイドライン2017年版では、D判定の「行うべきではない」となっていますが、2018年時点では、多くのAGA専門病院が処方している状況で、かつ高い薄毛改善効果も出ていることから、行うかどうかは完全自己判断という状況です。

個人輸入で入手し、勝手に使用する人が多いことや、日本未承認薬ということがD判定の大きな要因だと思われます。使用する場合は必ず病院で医師の処方を受けるようにしましょう。そして、医師も危険性や効果に関して今まで以上に説明する必要があると思います。

ザガーロ(デュタステリド)の処方

フィナステリドと同じく男性ホルモンの働きを抑制する薬です。デュタステリドが成分名でザガーロが商品名です。国内承認薬です。基本的にはフィナステリドと同じ働きですが、デュタステリドの方がより強く、多くの種類の男性ホルモンの働くと言われています。

フィナステリドでの治療に効果が出なかった人にも効果的な場合があるので、フィナステリド治療であまり効果がなかった人デュタステリド治療に切り替える場合があります。

育毛メソセラピー

各クリニックが独自で調剤した育毛成分を直接頭皮に注入し、発毛を促進する治療です。薬よりも即効性があり、進行した薄毛にも効果的な場合があります。1本数万円と高額なので、大体半年間とか決めて行い、育毛メソセラピーで一気に発毛させ、その後薬の治療に切り替えるという人も多いです。

植毛治療

植毛治療もAGA治療の種類の一つです。植毛の得意な部位、生え際部分の薄毛に悩む方が利用する他、薄毛の部位によっては薬での治療では効果がなかった人にも効果的です。

薬の効果は人によって異なりますし、効果を実感するまで時間がかかりますが、植毛は外科手術なので、すぐに髪を生やすことができます。

確実性とスピードでは今現在最も優れている治療が植毛です。男性型脱毛症診療ガイドラインでも行うよう勧めるのB判定です。

AGA治療はAGA専門病院で治療した方が効果的

AGA治療の浸透と共に、AGA治療を専門に行う病院が増えてきました。専門病院じゃなくても、AGA専門外来を設置する病院もあります。

一般病院との主な違いは、治療メニューの豊富さと治療実績です。薄毛の症状によって効果的な治療メニューが異なるので、自分の薄毛により効果的な治療を望むのであれば、治療内容が豊富な専門病院がおすすめです。また、治療実績、症例数という部分でも専門病院の方が豊富なので、自分と同じような症状の薄毛治療の前例がある可能性も高く、より効果的な治療が期待できます。

薬の治療と植毛治療の違いは?

植毛もAGA治療のひとつなので、薬の治療と植毛治療の目的は同じです。髪を生やして薄毛を改善すること。

薬の方が向いている薄毛、植毛の方が向いている薄毛と、改善するための方法として向き不向きがあるというだけです。

それぞれのメリット・デメリットや、自分の薄毛の状態、予算などを考慮した上で決めるといいでしょう。

ただ、病院によっては植毛と薬での治療を併用する病院もあるので、どちらを選ぶというよりは、お互いに苦手な部分を補うといった感じで活用するのが正しいのかもしれません。ただ、アイランドタワークリニックのように、植毛したら薬を併用しなくてもそのまま生えた状態を維持することができるという治療方針の病院もあるので、薬を服用したくないという人はこういった病院を選択しましょう。